<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夢なんて


エキサイトブログで癒しの里にお越しの皆さん。
携帯電話からの投稿のエキサイトブログの文字数制限、多数の意味不明コメント
などによりアメブロにお引越しすることにいたしました。
↓こちらにリンク替えのほうをよろしくお願いします。
癒しの里 アメブロ 

ある女性とほんの一瞬の
ツーショット

静寂な風景に
時は静かに流れ…

お互いの声しか響かない


その女性は
「あたしはいいんです。」
「このままでこの先行くのです」
と、だけ答えた。


喧騒の街並みに
複雑な人間関係。

ふと…。
自分にはまだ達っせない姿が見えた

☆【立ち向かうことの空しさを学ぶ】☆

長いモノにまかれるわけでも無く
負けを認めるわけでも無く

反発し押し返されるのでなく
相手の力を受け入れて自分の力とする

彼女はこの先
どんな夢みてんだろ

[PR]
by hustle_karn | 2008-09-22 23:32 | 日記

LOVE GREEN BIRD

あるの森の日の出来事
年老いたカラスが悲しげな表情の小鳥に話しかけていました。

「心のきれいな鳥が奏でる歌には、不思議な力があるそうじゃ」
「その鳥と一緒に歌うとしあわせになれるのじゃ」

と、年老いたカラスが緑色した羽の小鳥に言いました。
「その鳥さんにはどこにいったら会えるの。今すぐ会いたい
会ってこの緑の羽をみんなとおなじ色の羽にしたい」
「そうじゃな。しかし、わしもどこにいるのかは、わからんのじゃ」


緑色の小鳥は今すぐにでも、その鳥を探しに行きたくなりました。
仲間の鳥はもちろんのこと、親鳥からさえいつもじゃまもの扱いをされるのがいやだったので、
この緑色の羽をみんなと同じ色に不思議な力でできるかもしれないと。


続けて年老いたカラスは、こんなことも緑色した羽の小鳥に言ったのでした。
「ただ、昔こんなことを聞いたことがある。」
「それはな、自分で探そうと思っても探すことはできないけれど、
実はそばにいて必要な時に、本当の姿をあらわすらしい。」


「そうなの・・・自分から会えないのね・・・・。」
「だから、いつもきれいな心でいることじゃ。みなに優しい歌声を聞かせることじゃ」
「うん、わかった。カラスのおじいさんありがとう」


その後、緑の羽根をした小鳥は、きれいな澄んだ心で、歌い続けたのでした。
来る日も来る日も歌い続け、いつのまにか緑色した羽の鳥の歌声が響くと
心のきれいな鳥だけにしか歌えないと、森中の評判になりました。

月日が過ぎてとうとう大人の鳥になってしまいましたが、その緑色した羽のことを
少しも恥ずかしくなくなり、むしろ誇らしくなってきたのでした。

毎日かかさず、年老いたカラスだけは「こんにちは」
と声をかけてくれました。
「こうして、いつも歌い続けているのに不思議な鳥さんに、いつ会えるのだろう」
「でも、この羽がすばらしく思えてきたから、どうでもいいことなのかもしれない」

緑の羽根をした鳥は、寝る前につぶやく毎日でした。

するとある日、昔不思議なちからをもった鳥の話をしてくれたカラスに
緑色の羽をした鳥は、たずねてみました。
「カラスさんカラスさん、わたしはいつも歌い続けてきました。
だけど、まだその不思議なちからをもつ鳥さんは会いにきてくれません。」

「でも、この緑の羽根がわたしは好き。もう会えなくてもいいかもしれない。」
緑色の羽をした鳥が年老いたカラスにそう言った瞬間です。

真っ黒なカラスの体がまばゆいばかりに光り輝き見る見るうちに
きれいな色の鳥になっていったのでした。

「え!あなたはカラスさんではなかったの??」
「ええ、そうなのですよ。あなたが会いたがっていた鳥です。」
「でも、今は緑の羽根のことは、誇りに思っています。」
「あなたが、自分の羽根のことを誇らしげに思えることが大切だったのです。」

「そうですね。わたしのこのすばらしい羽が大好きです。」
やっと待ち続けた鳥が、本当はいつもそばにいてくれたことの方が
とてもうれしくなりました。

「それでは、しあわせになれる歌を一緒に歌いましょう。」
「はい、いっしょに歌いましょう。」

b0093361_1621667.jpg

こうして、日が暮れるまで二人仲良く歌声を森に響かせ
なかよくなかよく森で歌いながら暮らしました。  とさ

おしまい



ハッスルカーン作
「LOVE-GREEN-BIRD」

[PR]
by Hustle_karn | 2008-09-14 16:10 | 絵本

寄贈本

b0093361_2039462.jpg


広ブロつながりのshiozyさんのエッセィ本
「妻のために生きる」を

勝手ながら
萩市図書館に寄贈して参りました

萩市も他の地方都市とご多分に漏れず
かなりな老齢社会な都市です

萩市図書館にも平日、日曜祝日問わず
老齢者で溢れかえってます

そんな皆さんに是非とも読んでいただきたいと寄贈してきました

図書館職員のEさんも喜んで受け取っていただきましたよ

この先何年かしてハッスルカーンが萩市を離れても
shiozyさんのエッセィ本と掲載された
R(アール)21さんはじめ広ブロつながりの皆さんの名が
萩市図書館に残ります

(と信じたいですね)
b0093361_20394654.jpg

[PR]
by Hustle_karn | 2008-09-10 20:39 | 日記

キモカワイ~イ~

b0093361_21581317.jpg

草むらでの虫取りの思い出も冷めないうちに
秋の声が聞こえてきました

【こびとづかん】なばたとしたか作
「山田さんち」山田奈穂さん
大爆笑の絵本だそうです

キモカワから楽しさいっぱい

だけどね…最後には…

深い…話…

ここにも、じぃじとふれあいがありました


さてさて、どこかで読み聞かせてあげたい
絵本の一つですね
b0093361_2158131.jpg


[PR]
by Hustle_karn | 2008-09-02 21:58 | 日記


年が変わり今は【蔵】(ZOH)。どんな蔵が出てくるやら^^


by Hustle_karn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

広島ブログ

広島ブログ

カテゴリ

全体
日記
絵本
幼児
未分類

以前の記事

2013年 08月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 05月

フォロー中のブログ

日刊ドリンク ~Dail...
広島eマガジン
広島きのぴーワールドヽ(...
嗤いたがる人にはキスを
広島テレビラジオブログ~...
広島発スペイン気分
あ、松浦初実のブログ。
広島コンシェルジュ
頭ん中
脚本家・今井雅子のブログ
珠玉の小箱
わたしのイチニチ!
星の向こうにあるもの
Before the ...
ひろしまKen-HOKU...
隣のカモミール ~妻ラン...
fumichoco
木のテーブル
ようこそ森の家へ *ダッ...
HALF SIZE DIARY
酸 素 カ プ セ ル ...
un petit peu
全裸の大将 Midlif...
山田奈穂作品集(イラスト...
遠距離コン話
fukagawacoff...
キャンミルファミリーのわ...
言の葉の色香。
Aroma de tim...
cafe gallery Po
店舗コンサルタント さい...

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧